家庭用とはいろんな所に違いのある業務用エアコンの選び方を知ろう

一般家庭用のものとの大きな違いは何か

業務用エアコン

夏場熱くなりがちで、客足が遠のく原因ともなっている現状を打破するため、業務用エアコンを導入したいという事業主の方なども少なくないのではないでしょうか。この業務用エアコンには家庭用には無いさまざまな特徴があります。まず、大きな特徴の一つに家庭用には販売していない出力の高い機種が販売されているという点があります。最大級のものでは、何と家庭用の30倍もの冷房機能を持ったものも販売されており、大型の商業施設や飲食店などで利用されています。また、業務用エアコンは、家庭用のものと電源をとる方式の違いという点もあります。家庭用のものと比べて、長時間の雲梯を想定された、電気代がかかりにくいつくりになっているというのも大きな特徴の一つです。

どのような選び方をすれば良いか

リモコン

では、業務用エアコンはどのような基準で選べば良いのでしょうか。まずは、業務用エアコンを使う場所がどこかということを考える必要があります。例えば、オフィスなどで利用する場合には、室内機は複数利用することが考えられます。そのような場所に適した、一つの室外機で複数の室内機を設置できるようなものを選ぶ必要があるといえます。単に出力が高い、価格が安いなどという点だけでなく、用途に応じたものを選ぶということが大事です。

メーカーごとの特徴を把握することも大事

作業員

また、選ぶ際にはその業務用エアコンを提供しているメーカーの製品の特徴なども把握しておくことが重要になります。異なる出力のエアコンやユニットなどを組み合させて使う事ができるメーカーや、アフターフォロー体制がしっかりとしているメーカーなど、製品やサービスなど各社それぞれに特徴があります。その特徴の中で、どれが本当に自社が必要としているものかという点に注目して選ぶということも、業務用エアコンを選ぶ上では大事になります。

選ぶ際に注意して欲しい点とは

エアコン

業務用エアコンを選ぶ際には、注意して欲しい点もあります。まずは、家庭用のエアコンを選ぶときのように、室内の広さで選ばないようにするという事です。業務用エアコンの冷房能力などは、単純な室内の大きさだけでは決められないのです。業務用エアコンの冷暖房能力を決定するのは、エアコンにかかる熱負荷という値になります。一般家庭であれば、調理の際に出る熱や室内の人の出入りはそれほど激しくありません。しかし、商業施設などならば人の出入りは激しくなり、飲食店の厨房などであれば、調理の際に放出される熱量の値は大きくなります。そのような状況下にある所などで業務用エアコンを導入しようと思う際には、周辺状況からエアコンにかかる熱負荷、そして運転時間による負荷などを考えなければならないのです。

広告募集中